基本概念

社会の夢、技術の夢、人の夢をかたちにします 量的拡大から質的向上へ 新たな飛躍に備え、 いま基本重視の時代  弊社は、大正12年東京・品川に機械工場として創業、昭和18年に現在地長野県坂城町に移転、昭和36年株式会社長野大崎製作所と社名を変更して以来、各種コネクター、光通信部品、車載用部品、リレー、量水器用各部品の金型およびモールド品を製造し、東京の株式会社大崎製作所と共に着々と歩んでおります。 省力化をめざした斬新な設計、長年培われてきた伝統とノウハウを活かした高度な加工技術、そしてミクロの誤差も許さぬ精査体制。その中から生まれる製品は、必ずユーザーの皆様方に信頼されるものと確信いたしております。 幸いにも「コネクターの大崎」と業界でいわれるようになり、今後もその名に恥じない新時代に沿った技術開発に努め、精密部品及びコンピュータ部品と常に時代を先取りして、全社一丸となって優れた製品を製造し、より一層地域社会の発展に寄与したいと存じております。

                                                                                           代表取締役社長 矢田由夫

IMG_0520